虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

ブログ

歯ブラシの選び方と交換時期について

 

みなさんはご自分にあった歯ブラシを使っていますか?ドラッグストアで歯ブラシを買う時、「いつも買っているからコレでいいや」「なんとなく安いし、これにしよ」と、そんな風にとりあえず磨ければいいという感覚で明確な基準を持たない方は多いのではないでしょうか?今回は歯ブラシの選び方と交換時期についてのお話です。

 

どんな歯ブラシがいいの?

毛の硬さは?

市販されている歯ブラシは、「かため」「ふつう」「やわらかめ」などの硬さに種類があります。「かため」は歯茎を傷つけてしまったり、歯茎を下げてしまったりする原因になってしまいます。特に自己流で磨いている方は、ゴシゴシと強く磨きすぎる傾向があります。

毛束のカタチは?

毛束のカタチは3列〜4列程度のものが良いでしょう。ギザギザしたり山切りのものもありますが?平坦なものの方が毛先がまんべんなく歯に当たるので磨きやすいです。

ヘッドの大きさは?

ヘッドの大きさは「小さいもの」を選びましょう。ヘッドが大きい歯ブラシだと、舌が邪魔になったり、奥歯まで歯ブラシが届かず磨き残し他部分が多くなります。奥歯もケアするためにも、「小さいもの」を選ぶようにしましょう。

 

歯ブラシの交換の目安

毛先の広がった歯ブラシではブラッシング効果が下がる

毛先の開いた歯ブラシと新しい歯ブラシとの汚れ落ちの違いを調べたところ、毛先の開いたハブラシは新しいハブラシと比較し、汚れを落とす力が6割程度まで減少してしまうことがわかりました。その理由は、ハブラシは毛先が開くと、歯にきちんとあたりにくくなるためです。汚れを落とす力が弱くなるばかりでなく、歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

毛の弾力にも注意しましょう

歯ブラシの中には、毛先が開きにくい材質のものもあります。また、歯みがきが上手で、軽い力でみがいている人は、毛先がなかなか開かない場合もあります。しかし、たとえ毛先が開いていないように見えても、長く使っていると毛に弾力がなくなって、汚れを落とす力が弱まってしまいます。

 

 

 

 

高齢の方は、お口の状態にご用心!

 

高齢になるとお口の状態が変化して、虫歯や歯周病になりやすくなります。これまで歯の健康に自信があった方でも、知らないうちに状態が悪化して歯を削る、抜くなどの処置が必要になり、大きなショックを受けられる事があります。

 

こんな症状はありませんか? 加齢と共に変化するお口の状態について

口の中が渇く

加齢や服薬される薬(降圧薬や利尿薬など)の影響でだ液の分泌量が少なくなってきます。だ液には洗浄や抗菌作用があるためだ液の量が少なくなると虫歯や歯周病が発生しやすくなります。

歯茎が下がってきた

加齢や歯周病、歯ブラシのこすり過ぎや歯ぎしりなどが原因で歯ぐきが下がると歯の根元がむき出しになります。歯の根元は歯のアタマの違って虫歯になりやすい場所で若い時よりも注意が必要な場所です。

歯ぐきが腫れやすい

お口のお手入れの不足やだ液の分泌量が減ってお口の中の自浄性が低下すると、歯肉の炎症(歯周病)が起きやすくなります。歯周病を長い間放っておくと歯が揺れたり、痛みを伴うようになり、食事がしづらくなります。

口の中が臭う

口臭はだ液の分泌量の低下や虫歯や歯周病、磨き残しなどによるお口の環境の悪化が主な原因です。お口の衛生面の改善や治療が必要な事もあります。

 

高齢者に多い歯の病気

根面う蝕

根面う蝕とは、歯の根元にできる虫歯のことです。歯の根元の象牙質は歯のアタマのエナメル質よりも虫歯にかかりやすく、進行も早いです。加齢や歯周病で歯ぐきが下がっている歯にはより注意が必要です。

歯周病

歯の磨き残しを軽くみていたり、歯のメンテナンスに定期的に通う習慣のない方は歯周病が進行するリスクが上がります。(高齢の方が若い頃は、歯のメンテナンスや予防歯科について広く知られていませんでした。)歯周病は重症化してから治療を始めるよりも、健康なうちから歯のメンテナンス通っている方が歯を残すことは簡単です。お口に歯の残っている方は悩むよりも今からでも始められた方が良いでしょう。

 

歯ぎしり・食いしばりの習慣を治しましょう。

 

歯ぎしりや食いしばりは決して珍しいものではありません。誰もがしているクセと考えてもいいでしょう。けれども歯ぎしり食いしばりの頻度がひどくなると色々な問題を起こします。

今回は、歯ぎしり・食いしばりについてのお話です。以前に書いた記事も合わせて読んで見てください。

 

歯ぎしりや食いしばりはいつしているのか?

歯ぎしりや食いしばりと聞くと寝ている時にだけ行っているものと思っていませんか?実は歯ぎしり・食いしばりは「ストレス回避行動の一つ」と考えられていて、仕事や勉強中、考え事をしている時などに軽い力でも行っている事がみまれます。

歯ぎしりや食いしばりをしている間は、歯だけでなく顎や顔面の周りの筋肉も緊張しています。頻繁に歯ぎしり・食いしばりをしていると、歯や周りの組織に問題を起こしてしまいます。

 

歯ぎしり・食いしばりが起こす身体への影響

歯ぎしりや食いしばりによって歯の磨耗や破損だけでなく、知覚過敏や歯周病の進行を早めたり、顎関節や顔面周囲の筋肉などの組織の痛みの原因になります。

 

歯ぎしり・食いしばりのコントロール

仕事や勉強中など、何かに夢中になっている時、ふと気がつくと噛みいめていることはありませんか?(軽い力でも頻繁に行っていると症状を起こす原因になります)

そんな時は、肩や首から上の力を思い切り抜いて、上下の歯を離して深呼吸してください。歯ぎしり・食いしばりで起きている緊張を解く事ができます。

スマホのリマインダを利用したり、仕事や勉強をするところに付箋などサインになるものを利用して、サインに気づいたら深呼吸するようにしましょう。こういった行動を続けていくと、次第に歯ぎしり・食いしばりの頻度が少なくなっていきます。

むし歯治療より歯周病治療を優先させる理由

 

時々患者さんから「歯医者にかかると回数がかかる」とご指摘を受けることがあります。よくあるケースとして、むし歯治療を受けに来ただけなのに歯周病治療も進められることがあります。今回は虫歯治療と歯周病治療の関係についてのお話です。

歯周病治療は地盤改良、虫歯の治療はリフォーム

よく歯の治療を家の建築に例えることがあります。歯ぐきから下は「土台」、歯ぐきから上は「家」。歯は歯ぐきという軟弱地盤を貫通して骨の中に固定されているようなものです。歯周病治療は、主に歯の基礎になる部分を安定させたり改良したりして、土台がぐらついたりしないようにします。

 虫歯の治療は家の修繕になります。窓が割れたり、壁に穴が開いたり、屋根が壊れたり、破損の程度によって補修や交換などのイメージです。歯の色などは外壁の模様替えのようなものです。

 虫歯の治療が優先的に行なえるのは、あくまで土台や基礎がしっかりしている家が原則。小さなリフォームや修繕であれば、1日で完了します。しかし歯がボロボロで歯周病も進行しているような場合では、基礎からやりなおすことになり建て替えとなります。こうなるとある程度の治療回数と治療期間が必要になってきます。

 どんなに豪華できれいな家であっても、基礎がしっかりしていない家は長くは持ちませんし、下手をすると基礎ごと外れて家が無くなってしまいます。

 

歯周病なのに虫歯の治療だけするとどうなる?

歯と詰め物が密着が甘くなる

 歯ぐきの炎症が続いている状態では、樹脂や金属を詰めるとき浸出液や出血などが歯と詰め物の間に入り込みやすく、セメントや樹脂に混じってしまうことがあります。このため強度不足や密着不足が起こって歯と詰め物にわずかな隙間ができてしまうことがあります。その隙間からむし歯が起これば再治療が必要になります。

歯ぐきが下がる

 歯周病の治療前に歯にかぶせものをすると、かぶせたあとで歯周病が進行したり、あとから歯周病治療を行なうと歯ぐきが下がり、かぶせものと根の境目が目立ってきます。

 普段から歯石取りなどの定期的なメンテナンスを行なっている場合は虫歯治療だけでも問題はあまりありませんが、歯石を取っていない場合には、急な痛みや神経を取らなければならなくなる様な大きい虫歯を除いて、歯周病の治療が先行して行なわれることは、良い状態を長く保つために必要なことなのです。

生え変わりの時期のお口のケアについて

 

今回は生え変わりの時期のお口のケアについてのお話です。

 

お口の中が大人へと変化していく時期

6歳頃になると、乳歯の一番奥に『第一大臼歯(6歳臼歯)』が生えてきます。この時期は第一大臼歯が生え変わる前後に、下の前歯が永久歯に生え変わってきます。

小学校入学〜小学校低学年のころは、どんどん乳歯から永久歯へと生え変わります。だいたい小学校高学年のころには落ち着いてきて、そのころのお口の中には『第二大臼歯(12歳臼歯)』が生え、永久歯列が完成します。

 

生えたばかりの永久歯の特徴

生えたばかりの永久歯は未成熟で、虫歯に対する抵抗力が弱く、また歯の交換時期は汚れも残りやすく、磨き残しが多くて虫歯になりやすい時期でもあります。
生えたての永久歯はまだ軟らかく表面が未完成なので、砂糖などの甘い物が入っている食べ物を食べたり飲んだりすることが多いと、お口の中が虫歯になりやすい状態(歯が溶けやすい環境)になります。

 

この時期に気をつけること

虫歯が発症する原因には、歯みがきが上手にできているかどうか、フッ化物の利用状況、食生活習慣(糖質の摂取頻度)、一人ひとりの歯の質やだ液(虫歯に対する抵抗力)、細菌(虫歯菌)の量などの多くの事柄が関連しています。

まだまだ小学校の低学年までは本人の歯みがきだけでは不十分なので、保護者の方が点検みがきをおこなってください。毎日の習慣的に摂っているものにも気を配ってください。

砂糖の入っている飲み物(炭酸飲料・清涼飲料水・乳酸菌飲料など)を飲むと、とお口の中のpHは歯が溶けやすい酸性の環境に変わります。

お口の中のpHは唾液によって徐々に中性に戻っていきますが(30分〜2時間程度)、頻繁に糖分を摂るとお口の中は中性に戻ることがなく、歯がずっと溶け続けるようになります。

また、磨き残しの多いところは中世に戻るのは特に遅くなります。

 

この時期の歯のケア

この時期は歯みがきの習慣を定着させるよい時期でもあります。ぜひ、食べたら磨くという習慣を身につけさせてください。

9歳ごろまでは手先も器用でないことが多く、歯ブラシの使い方も上手でないことが多いです。特に6歳臼歯が部芝にならないように重点的に仕上げ磨きを行うと良いでしょう。

夏季休暇のお知らせ

8/11(土)〜8/15  (水)は夏季休暇のため休診とさせていただきます。

8/16 (木)は診療日となります。

ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願いします。

 

仕上げ磨きのやり方とコツについて

 

 

お子さんの「仕上げみがき」に、かなり手こずっている、というお母さんお父さんは多いのではないでしょうか。嫌がるお子さんが相手ではかなりのストレスですし、毎日続けるのは必要なことが分かっていても中々大変なことだと思います。

日本では90%のご家庭で仕上げ磨きが行われていますが、「そもそも仕上げ磨きってどうすればいいの?」と悩んでいる方も多い様です。今回は効果的な仕上げ磨きの方法のお話をします。

仕上げ磨きを始める時期は?何歳まで必要なの?

乳歯が生えてくる6〜8か月頃が、歯磨きスタートのタイミングです。始めの時期はハブラシに慣れることが大切です。嫌がるようでしたら、歯磨き用のガーゼなどでお口に物が入ることに慣れさせることから始めましょう。奥歯が生えてくる1才6か月頃までには、歯磨き習慣ができることを目指しましょう。

6歳頃までは基本的に毎日できると良いでしょう。6〜9歳はお子さん本人が歯磨きをマスターしていく時期です。この時期は上手になるにつれて回数を減らしても良いですが、忘れていないか毎日声かけはしてください。

どういった歯ブラシがおすすめ?

ヘッドが小さな子供用の歯ブラシを使いましょう。お子さんが歯ブラシを噛んで、毛先が乱れてしまったものを多く見かけます。毛先の乱れた歯ブラシではうまく磨けなかったり、歯ぐきを傷つけやすくなります。新品の歯ブラシを仕上げ磨き用に使って、仕上げ用のお下がりをお子さん用にしてあげると良いでしょう。(歯ブラシの交換の目安は1ヶ月程度です。)

 

ひざ枕の状態で、お子さんの後ろに回り頭をお腹や脇で固定して歯磨きしてあげるのがおすすめです。


上くちびるの裏にある「スジ」の部分に歯ブラシが当たると、痛くて歯磨きを嫌がる原因になってしまいます。上くちびるを持ち上げて、「スジ」の部分を反対の指で隠して仕上げ磨きをしてあげましょう。

歯垢(プラーク)はなかなか取りきれないため、丁寧に動かしましょう。軽い力で2本づつくらい磨くつもりで小さく動かすことが大切です。一ヶ所につき20回程度は擦るようにしましょう。歯の裏側やかみ合わせの部分はお口を「あ」の形で大きく開けてもらったり、ほっぺた側は「い」の口にしてもらうようにすると磨きやすくなります。

 

 

 

子供の乳歯がなかなか抜けない? 永久歯の生え変わり時期について

 

幼稚園や保育園でお友だちの歯は生え変わりだしたのに、お子さんの乳歯がまだ抜けなくて心配になるお母さんからの質問を受けることがあります。

先ず、子供の成長は時期もスピードも個人差はかなり大きいです。成長の早いお子さんでは5歳くらいから乳歯の生え変わりが始まりますし、成長の遅いお子さんでは7歳ごろから生え変わりが始まることもあります。今回は、乳歯の生え変わりの時期やその時の注意点についてお話しします。

 

歯はどのように出来るのか?

歯はアゴの骨の中で、歯胚という種のように見える組織の中で作られます。骨の中で歯の頭が作られた後、交換の時期が来ると歯の根の成長とともに生えてきます。

 永久歯の場合は、永久歯の根の成長に合わせて乳歯の根の吸収が起こります。根が吸収された乳歯は支えがなくなって抜けて行きます。乳歯の抜けたところには、ちょうどその歯を吸収した永久歯があるのです。このようにしてアゴの骨の成長と合わせて歯の交換が起きるのです。

 

歯の交換に関わる異常

歯の交換する時期には、生える位置や方向の異常であったり、先天性の欠損などの異常が見られることがあります。歯の交換が始まる時期にあわせて、あらかじめ歯医者さんで診てもらうと矯正の必要性の有無などのアドバイスが得られることがあります。5歳ごろに一度レントゲンをとってもらうと良いでしょう。

過去に転んだりして、お口の辺りをぶつけたことがある場合はぶつけた周囲の歯の交換が遅れることがあります。このような場合は数ヶ月ごとにレントゲンを撮って、根の成長の具合を観察してもらうと良いでしょう。

歯の生える方向や位置に異常があると乳歯の後ろや脇から永久歯が生えて来ることがあります。このような場合は歯並びが悪くなってしまうので、出来るだけ早く歯医者さんを受診するようにしてください。

赤ちゃんに対するお口のケア

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、もちろん歯は生えていません。乳歯が生えてくるのは生後6ヶ月くらいといわれています。歯が生えてきたからといって、いきなり歯ブラシをしようとしてもイヤがってしまい上手に歯みがきさせてくれないこともあります。いきなりお口を触っても大丈夫なお子さんと、そうでないお子さんがいるのは当然のことです。今回は赤ちゃんが歯を磨かせてくれるようになるためのコツをお話します。

 

 

赤ちゃんでも不安に感じている?

乳歯が生えたからといっていきなり歯ブラシを入れてはいませんか?赤ちゃんには歯ブラシが必要なことも、やらなければいけないことだということももちろん理解できません。大人でも理解できないことを力づくでされる場合不安を感じることと思います。赤ちゃんに合わせて、楽しくあやしながら歯ブラシができるように工夫をしてみましょう。

 

お口を触れられることに慣れさせる

まず、歯ブラシをしっかりと磨こうとするよりも、赤ちゃんが楽しくなるようにあやしながら行うように心がけてください。機嫌が悪くて中々させてくれないときはできる範囲でも構いません。

ただ、いつも磨かせてくれない場合には工夫が必要です。歯ブラシではなくて、もう少し優しい刺激から始めてみましょう。例えば、お口の中専用の清潔なガーゼや使い捨てのお口の中をお掃除する歯みがきガーゼなどで、お口の中もを優しく拭いてみてください。お口の周りは敏感なところなので、はじめはイヤがるかもしれません。そのときはくちびるを触ってみてください。はじめは優しくして段階的に刺激を上げていくと良いでしょう。

慣れてくると、イヤがらないで触らせてくれるようになると思います。ガーゼを使って口の中に指を入れてみてください。赤ちゃんもお口の中を触られることに慣れてきて、歯ブラシもイヤがらなくなってくると思います。

まずは、お口の中に歯が生えてきたのを確認できたころは、このように練習してみてください。

虫歯予防に欠かせないフッ化物について

フッ化物は虫歯予防とあわせて耳にする機会も多いと思います。日本では一般的に「フッ素」と呼ばれ、広く知られるようになっています。例えば市販の歯磨き粉の多くに添加されていて、最も気軽に出来る虫歯予防のひとつとなっています。しかしその一方で、フッ素による健康被害についての誤解もあります。今回はフッ化物に関しての安全性や利用法についてのお話をします。

 

フッ化物とは フッ化物に対する誤解

フッ素とは土の中や海水中にあるのごくありふれた物質のひとつです。フッ素という元素は地球上では他の元素と化合したフッ化物という形で存在します。フッ化物はみささんが普段から摂取している飲み水や食べ物の中にも含まれています。フッ素を単体では毒性があるので「フッ化物も毒ではないか?」という誤解もあるようでが、歯科医療で使われているフッ化物に毒性はありません。また、歯科医療で使われているフッ化物は日本の薬事法で濃度が管理されていて、歯磨き粉のチューブ1本以上を一気に丸呑みでもしない限り中毒症状は起きません。日本で流通しているものは安全に使えるように調整されています。

 

フッ化物の作用

1、再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

2、歯質の強化

歯の表面を酸にとけにくい性質に強化します。歯は唾液のphの変化によって歯の表面は脱灰と再石灰化を繰り返しています。フッ化物を取り込むと歯の表面はより強いものに変わります。

3、酸の産生を抑制

歯磨きで落としきれなかった歯垢が作るむ虫歯の原因菌の働きを弱め、歯垢が作る酸の量を抑えます。

フッ化物の利用方法

1、歯磨き粉での利用

フッ化物の濃度を確認しましょう。1000〜1500ppmの高濃度のフッ化物配合歯磨き粉が効果的と言われています。高濃度のものには容器に表示されていますので確認してから買うようにしましょう。

(高濃度のものは6歳以上の方に使用してください。6歳以下のお子さんには子供用に濃度の調整されたものを使いましょう。)

歯磨きの後、うがいをされる方も多いと思いますが、うがいで洗い流してしまうとフッ化物の効果がなくなってしまいます。うがいはできるだけしない方がいいでしょう。

2、フッ素ジェルでの利用

歯磨き粉の泡立ちや刺激が苦手でどうしてもうがいがしたい方はジェルタイプのものを使いましょう。ジェルタイプのものは刺激も少なく、泡立ちも抑えられています。歯磨き粉でのブラッシングの後に、ジェルでもう一度ブラッシングをして、30分程度浸けておくと効果的です。

3、うがい薬での利用

歯磨き粉やジェルが苦手な方や虫歯にかかりやすい方にはうがい薬を使いましょう。一定濃度のフッ化ナトリウム溶液(5-10ml)で、1分間ブクブクうがいを行う方法です。保育園・幼稚園・小中学校で集団実施している施設もありますが、個人的に家庭で行う方法もあります。

 

フッ化物の利用方法は虫歯のかかりやすさに応じて複数の方法を組み合わせるとより効果が出ると言われています。かかりつけの歯医者さんでご自身にあったものを相談してみましょう。