虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

ブログ

今日からできるむし歯予防法 ーフッ素洗口法とは

むし歯の予防には歯磨きや甘いものを控えるといった方法があります。特に甘いものを控えるのにはダイエットと同じように中々難しく、減らすことができない方もおられるのではないでしょうか?今回は今日からでも簡単にできるむし歯予防法として、フッ素洗口法について紹介したいと思います。

フッ素って何がいいの?

フッ素は、歯の脱灰を抑え、再石灰化を促進します。また、歯質を強化する作用もあり、むし歯予防には欠かせない成分です。歯医者さんでは、むし歯予防の専門的処置として、フッ素塗布が行われます。家庭ではフッ素配合の歯磨き粉や洗口液(うがい薬)を上手に活用すると、積極的にむし歯予防ができます。

フッ素洗口液の特徴とは?

日本では集団予防として、フッ素洗口を行なっている保育園、幼稚園、小学校もあります。ご家庭で使用する場合は歯医者さんや薬局で購入することができます。

フッ素洗口液の特徴は、
①口に入る1回分のフッ素量は、フッ素洗口剤の方が歯磨き粉より多いこと。
②フッ素洗口剤は、洗口した後の水のすすぎがないので、フッ素がお口の中に残りやすい。
③液体なのでお口の中全体にフッ素が拡がりやすく、粘膜などにフッ素が残りやすい。

などがあげられます。

おやすみ前にフッ素洗口をした場合、ジェルを使った場合より約10倍も翌朝のだ液中のフッ素濃度が高かったというデータもあります。そのため、うむし歯になりやすい方の場合は、ジェルよりもフッ素洗口液を使用することでより効果的なむし歯予防が可能です。

フッ素洗口液の使い方

フッ素洗口液は、使用後に水ですすがないので、普段の歯磨きの後にお使いいただくことでお口にしっかりとフッ素を残すことができます。

基本的には歯磨きの後のブクブクうがいの時に使用します。むし歯の経験の少ない方は1日1回、むし歯の経験が多い方は歯磨きの後、毎回使用されるのが良いでしょう。

特に寝ている時は唾液の量も少なく、細菌が繁殖しやすい(むし歯が進行しやすい)時間帯なので、寝る前にフッ素洗口液を使うことが効果的です。

製品の1回使用量(5〜10ml)をお口に含んで30秒〜1分程度ブクブクうがいをして、フッ素をお口のすみずみまで行き渡らせます。

最近では、薄めないで冷蔵庫保管も必要のないタイプのフッ素洗口液が各メーカーからでているので、洗面所に置いておけるということも習慣づけがしやすいひとつとなっています。

フッ化物洗口の予防効果

報告によれば、むし歯予防の効果は約30~80%です。(就学児の場合)また成人においても歯と歯の間のむし歯や根面のむし歯の予防に効果的です。

就学前からのフッ化物洗口の有効性

フッ化物洗口の予防効果に関する論文分類

予防効果に関する論文を開始年齢によって分類すると、小学校入学後(6歳)の効果は30%前後に対し、就学前4歳児から実施した群では、40~80%と、就学前からの実施で高い予防効果を得ることができます。

フッ化物洗口終了後の予防効果の持続

集団で行われるフッ化物洗口は、中学校卒業で終了します。終了後のむし歯の有病状況を洗口を経験しなかった群と比較すると、20歳では50~58%の予防効果が報告されています。

小学校でフッ素洗口を実施していない場合はお家で行なっても同じような結果が得られると思われます。

使用上の注意

ブクブクうがいがしっかりできるようになる3、4歳ごろからお使いいただけます。詳しくは歯医者さんや薬局・薬店での指導に従ってお使いください。

年末年始休診のお知らせ

2019年12月28日(土)午後から2018年1月3日(金)までは休診日とさせて頂きます。 2018年は1月4日(土)より通常診療となります。 よろしくお願いします。

臨時休診のお知らせ

おはようございます。 本日10/12は台風接近に伴い、午後からの診療は休診とさせていただきます。ご不便ご面倒をおかけしますが、 よろしくお願いします。

日曜診療一時休診のお知らせ

5/26より日曜日の診療をしばらくの間、休診とさせて頂きます。

日曜診療の再開は8/4を予定しております。

来院者の皆様にはご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

江口歯科では分かりやすいカウンセリング資料で説明をしています。

歯医者さんの説明は分かりにくい、、、

 

医療でもっとも大事なことは「医師と患者さんの信頼関係」とよく言われます。専門的な話が多いので、治療の説明は難しくて理解しにくいことがあり、先生は一生懸命話してくれるので何となく頷いているけどイマイチスッキリしないことも、、、

江口歯科では患者さんに出来るだけ分かりやすい説明をするためにお口の写真やデンタルXというソフトを使って、治療の内容やお口の中の状態を理解してもらえるように努めています。

 

口腔内写真(お口の詳細な写真)

鏡を使って、歯の裏側などのお口の中の色々な角度の写真を撮影します。実際にお口の写真を見ながら説明を受けることができるのでとても分かりやすいと好評です。定期検診の時には数年前の写真のデータと比べながらお口の状態に変化がないか見比べる事も可能です。

デンタルⅩ(テン)とは

歯医者さんでは、患者さんのお口の状態を正しく把握するために色々な検査がおこなわれます。デンタルⅩは色々な検査から得られた患者さんの情報をコンピュータで一括管理するシステムです。

患者さんの治療内容に合わせて、イラスト入りの診断書を作成し、患者さんにわかりやすいお口の診断書を作ることができます。

お口の診断書には

歯の磨き残し

歯周病検査

ムシ歯の診断書

をお渡ししています。

お口の診断書は現在のムシ歯の状態や治療後の経過などのお口の状態をすべて把握できます。

データは患者さんごとに一括管理されているので過去と現在のデータを照らし合わせる事で病状のわずかな変化も見逃さずに対応できています。

イラスト付きの診断書で分かりやすい!

「分かりやすく説明してもらったが、家に帰ったら忘れてしまった」という経験はありませんか?
デンタルXの診断書は、説明を受けた後、自宅に持って帰ることができるあなたの資料です。定期検診ごとに受け取った 診断書を大切に保管しておくことで、ご自身のお口の状態に変化がないかを見比べることもできます。
もし引っ越しや転勤などでかかりつけの歯医者さんに通えなくなってしまった場合にも、転居先の歯医者さんで見せると、あなたの治療の記録を伝えることができます。

歯に関する情報もお伝えしています

被せ物や詰め物、入れ歯、歯周病の治療内容だけでなくホワイトニング、歯ぎしりなど歯に関するわかりやすい資料もあります。自分のお口に状況がわかると、「もうムシ歯や歯周病には二度とかかりたくない」、「歯を丈夫で長持ちさせたい」、「もっと健康になりたい」、「歯のこと・健康のことをもっと 知りたい」という思いが強くなるかたもおられます。
そういったご要望にお答えできる様に、さまざまな歯に関する知識の詰まったリーフレットもあります。

 

楽しく歯のこと健康のことを学び、いつまでも 自分の歯で美味しく何でも食べられる毎日を送りませんか?

 

歯科助手、受付スタッフを募集しています!

現在、江口歯科医院では歯科助手、受付スタッフを募集しています。

 

〜経験は問いません。未経験者も歓迎します!〜

あなたが未経験であっても、ともに勉強を積み重ねていきましょう。

みんなが気持ち良く勤務できるようにしたいので、

協調性があって、誰にでも明るく優しい対応ができる方を歓迎します。

できるだけたくさんの方と面談して誠実で正直なお話をしたいと思っています。

当院に興味を持っていただけましたら、まずはご応募ください。

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

勤務時間・曜日:

平日 8:30〜12:30/14:30〜19:00

土曜 8:30〜12:30/14:30〜18:00

木曜、祝祭日は休診

交通アクセス:

阪急北千里駅より徒歩20分

雇用形態: 正社員, アルバイト・パート

給与: 200,000円 /月給

交通費全額支給

残業ほぼなし(月3時間程度)

歯ブラシの選び方と交換時期について

 

みなさんはご自分にあった歯ブラシを使っていますか?ドラッグストアで歯ブラシを買う時、「いつも買っているからコレでいいや」「なんとなく安いし、これにしよ」と、そんな風にとりあえず磨ければいいという感覚で明確な基準を持たない方は多いのではないでしょうか?今回は歯ブラシの選び方と交換時期についてのお話です。

 

どんな歯ブラシがいいの?

毛の硬さは?

市販されている歯ブラシは、「かため」「ふつう」「やわらかめ」などの硬さに種類があります。「かため」は歯茎を傷つけてしまったり、歯茎を下げてしまったりする原因になってしまいます。特に自己流で磨いている方は、ゴシゴシと強く磨きすぎる傾向があります。

毛束のカタチは?

毛束のカタチは3列〜4列程度のものが良いでしょう。ギザギザしたり山切りのものもありますが?平坦なものの方が毛先がまんべんなく歯に当たるので磨きやすいです。

ヘッドの大きさは?

ヘッドの大きさは「小さいもの」を選びましょう。ヘッドが大きい歯ブラシだと、舌が邪魔になったり、奥歯まで歯ブラシが届かず磨き残し他部分が多くなります。奥歯もケアするためにも、「小さいもの」を選ぶようにしましょう。

 

歯ブラシの交換の目安

毛先の広がった歯ブラシではブラッシング効果が下がる

毛先の開いた歯ブラシと新しい歯ブラシとの汚れ落ちの違いを調べたところ、毛先の開いたハブラシは新しいハブラシと比較し、汚れを落とす力が6割程度まで減少してしまうことがわかりました。その理由は、ハブラシは毛先が開くと、歯にきちんとあたりにくくなるためです。汚れを落とす力が弱くなるばかりでなく、歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

毛の弾力にも注意しましょう

歯ブラシの中には、毛先が開きにくい材質のものもあります。また、歯みがきが上手で、軽い力でみがいている人は、毛先がなかなか開かない場合もあります。しかし、たとえ毛先が開いていないように見えても、長く使っていると毛に弾力がなくなって、汚れを落とす力が弱まってしまいます。

 

 

 

 

高齢の方は、お口の状態にご用心!

 

高齢になるとお口の状態が変化して、虫歯や歯周病になりやすくなります。これまで歯の健康に自信があった方でも、知らないうちに状態が悪化して歯を削る、抜くなどの処置が必要になり、大きなショックを受けられる事があります。

 

こんな症状はありませんか? 加齢と共に変化するお口の状態について

口の中が渇く

加齢や服薬される薬(降圧薬や利尿薬など)の影響でだ液の分泌量が少なくなってきます。だ液には洗浄や抗菌作用があるためだ液の量が少なくなると虫歯や歯周病が発生しやすくなります。

歯茎が下がってきた

加齢や歯周病、歯ブラシのこすり過ぎや歯ぎしりなどが原因で歯ぐきが下がると歯の根元がむき出しになります。歯の根元は歯のアタマの違って虫歯になりやすい場所で若い時よりも注意が必要な場所です。

歯ぐきが腫れやすい

お口のお手入れの不足やだ液の分泌量が減ってお口の中の自浄性が低下すると、歯肉の炎症(歯周病)が起きやすくなります。歯周病を長い間放っておくと歯が揺れたり、痛みを伴うようになり、食事がしづらくなります。

口の中が臭う

口臭はだ液の分泌量の低下や虫歯や歯周病、磨き残しなどによるお口の環境の悪化が主な原因です。お口の衛生面の改善や治療が必要な事もあります。

 

高齢者に多い歯の病気

根面う蝕

根面う蝕とは、歯の根元にできる虫歯のことです。歯の根元の象牙質は歯のアタマのエナメル質よりも虫歯にかかりやすく、進行も早いです。加齢や歯周病で歯ぐきが下がっている歯にはより注意が必要です。

歯周病

歯の磨き残しを軽くみていたり、歯のメンテナンスに定期的に通う習慣のない方は歯周病が進行するリスクが上がります。(高齢の方が若い頃は、歯のメンテナンスや予防歯科について広く知られていませんでした。)歯周病は重症化してから治療を始めるよりも、健康なうちから歯のメンテナンス通っている方が歯を残すことは簡単です。お口に歯の残っている方は悩むよりも今からでも始められた方が良いでしょう。

 

歯ぎしり・食いしばりの習慣を治しましょう。

 

歯ぎしりや食いしばりは決して珍しいものではありません。誰もがしているクセと考えてもいいでしょう。けれども歯ぎしり食いしばりの頻度がひどくなると色々な問題を起こします。

今回は、歯ぎしり・食いしばりについてのお話です。以前に書いた記事も合わせて読んで見てください。

 

歯ぎしりや食いしばりはいつしているのか?

歯ぎしりや食いしばりと聞くと寝ている時にだけ行っているものと思っていませんか?実は歯ぎしり・食いしばりは「ストレス回避行動の一つ」と考えられていて、仕事や勉強中、考え事をしている時などに軽い力でも行っている事がみまれます。

歯ぎしりや食いしばりをしている間は、歯だけでなく顎や顔面の周りの筋肉も緊張しています。頻繁に歯ぎしり・食いしばりをしていると、歯や周りの組織に問題を起こしてしまいます。

 

歯ぎしり・食いしばりが起こす身体への影響

歯ぎしりや食いしばりによって歯の磨耗や破損だけでなく、知覚過敏や歯周病の進行を早めたり、顎関節や顔面周囲の筋肉などの組織の痛みの原因になります。

 

歯ぎしり・食いしばりのコントロール

仕事や勉強中など、何かに夢中になっている時、ふと気がつくと噛みいめていることはありませんか?(軽い力でも頻繁に行っていると症状を起こす原因になります)

そんな時は、肩や首から上の力を思い切り抜いて、上下の歯を離して深呼吸してください。歯ぎしり・食いしばりで起きている緊張を解く事ができます。

スマホのリマインダを利用したり、仕事や勉強をするところに付箋などサインになるものを利用して、サインに気づいたら深呼吸するようにしましょう。こういった行動を続けていくと、次第に歯ぎしり・食いしばりの頻度が少なくなっていきます。

むし歯治療より歯周病治療を優先させる理由

 

時々患者さんから「歯医者にかかると回数がかかる」とご指摘を受けることがあります。よくあるケースとして、むし歯治療を受けに来ただけなのに歯周病治療も進められることがあります。今回は虫歯治療と歯周病治療の関係についてのお話です。

歯周病治療は地盤改良、虫歯の治療はリフォーム

よく歯の治療を家の建築に例えることがあります。歯ぐきから下は「土台」、歯ぐきから上は「家」。歯は歯ぐきという軟弱地盤を貫通して骨の中に固定されているようなものです。歯周病治療は、主に歯の基礎になる部分を安定させたり改良したりして、土台がぐらついたりしないようにします。

 虫歯の治療は家の修繕になります。窓が割れたり、壁に穴が開いたり、屋根が壊れたり、破損の程度によって補修や交換などのイメージです。歯の色などは外壁の模様替えのようなものです。

 虫歯の治療が優先的に行なえるのは、あくまで土台や基礎がしっかりしている家が原則。小さなリフォームや修繕であれば、1日で完了します。しかし歯がボロボロで歯周病も進行しているような場合では、基礎からやりなおすことになり建て替えとなります。こうなるとある程度の治療回数と治療期間が必要になってきます。

 どんなに豪華できれいな家であっても、基礎がしっかりしていない家は長くは持ちませんし、下手をすると基礎ごと外れて家が無くなってしまいます。

 

歯周病なのに虫歯の治療だけするとどうなる?

歯と詰め物が密着が甘くなる

 歯ぐきの炎症が続いている状態では、樹脂や金属を詰めるとき浸出液や出血などが歯と詰め物の間に入り込みやすく、セメントや樹脂に混じってしまうことがあります。このため強度不足や密着不足が起こって歯と詰め物にわずかな隙間ができてしまうことがあります。その隙間からむし歯が起これば再治療が必要になります。

歯ぐきが下がる

 歯周病の治療前に歯にかぶせものをすると、かぶせたあとで歯周病が進行したり、あとから歯周病治療を行なうと歯ぐきが下がり、かぶせものと根の境目が目立ってきます。

 普段から歯石取りなどの定期的なメンテナンスを行なっている場合は虫歯治療だけでも問題はあまりありませんが、歯石を取っていない場合には、急な痛みや神経を取らなければならなくなる様な大きい虫歯を除いて、歯周病の治療が先行して行なわれることは、良い状態を長く保つために必要なことなのです。