虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

歯の麻酔がずっと効いている、、、ー注意しておくこと

こんにちは。箕面市小野原の江口歯科医院の江口壯壽です。

歯の麻酔をしてなかなか麻酔がきれない、こんな時は少し心配になりますよね。歯の麻酔は方法によって効いている時間が違うことがあります。また、麻酔が効いている間は感覚が無いのであやまって唇や歯茎を傷つけてしまうことがあります。今回は歯の麻酔についてのお話をします。

歯の麻酔が効いている時間

歯の麻酔は歯だけに聞くのではなくて、歯の周りの歯ぐきやアゴの骨などの組織をしびれさせて治療を行います。歯の神経はは硬い歯の中にあるので、歯に直接麻酔することができないからです。そのため歯の麻酔が聞くまでに時間がかかったり、治療が終わっても頬や唇などはしばらくしびれています。処置内容によって差がありますが、一般的には治療後2、3時間程度で効いていることが多いです。

歯の麻酔は、歯ぐきに針を刺して歯ぐきやアゴの骨に麻酔薬を浸透させることで歯の治療時の痛みをブロックする(浸潤麻酔)と言われる麻酔方法です。歯に麻酔が効くよりも前に周りの組織に麻酔が効いているので広範囲の部分(鼻や唇など)がしびれることもよくあります。また入れた麻酔の量だけでなく、アゴの骨の密度などで作用する時間に個人差が出ることが多いのです。例えば骨の密度の高い方は麻酔が奥まで浸透するのに時間がかかることがあります。また、処置中に痛みがあって麻酔を追加した場合などは麻酔の量が多くなりがちで長く効いていることがあります。

麻酔が長く効いているとしびれが続くので不快に感じることもあるかと思いますが、お体には異常はありません。1時的なものですので落ち着いて様子をみると良いでしょう。

 

麻酔が切れるまでに注意してほしいこと

飲食をするときは注意する

麻酔が効いている間に飲食をすると、誤って唇や頬を噛んでしまったり、麻酔をした部分にヤケドや傷が付いても気づかないことがあります。できれば食事は麻酔が切れてから行うと良いでしょう。どうしても食事をとる際は、十分注意して食べるようにしてください。

唇を噛んでしまうと大きく腫れる

麻酔が効いているときに、唇をかんでいると大きく腫れてしまうことがあります。特にお子さんの場合、麻酔が効いていると噛んでも痛くないため、何度も唇を噛んで腫れてしまうことがあります。

 

最近の麻酔はあまり痛くない

表面麻酔を使っている

麻酔の際、特に痛いのが針が刺さる時です。あらかじめ針が入る前に歯茎に塗り薬の麻酔をしておく方法です。歯茎の表面がしびれているので針が刺さるため痛みが少なくなります。

針が細くなっている

歯の麻酔の針の太さは33G(0.2mm)のものを使っています。針が細いほど刺さる時の痛みは小さくなります。

電動の麻酔になっている

麻酔の薬を勢いよく歯茎に入れてしまうと、圧力がかかって痛みを感じることがあります。電動の注射器を使うことによって麻酔の圧力を一定に保つことによって痛みを小さくすることができます。

 

まとめ

歯の治療は痛みがあることが多いため、麻酔を使うことも多いです。麻酔をせずに我慢して治療を受けるより、しっかり麻酔をしてきちんとした治療を受ける方が将来歯が長く使えます。