虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

虫歯予防に欠かせないフッ化物について

フッ化物は虫歯予防とあわせて耳にする機会も多いと思います。日本では一般的に「フッ素」と呼ばれ、広く知られるようになっています。例えば市販の歯磨き粉の多くに添加されていて、最も気軽に出来る虫歯予防のひとつとなっています。しかしその一方で、フッ素による健康被害についての誤解もあります。今回はフッ化物に関しての安全性や利用法についてのお話をします。

 

フッ化物とは フッ化物に対する誤解

フッ素とは土の中や海水中にあるのごくありふれた物質のひとつです。フッ素という元素は地球上では他の元素と化合したフッ化物という形で存在します。フッ化物はみささんが普段から摂取している飲み水や食べ物の中にも含まれています。フッ素を単体では毒性があるので「フッ化物も毒ではないか?」という誤解もあるようでが、歯科医療で使われているフッ化物に毒性はありません。また、歯科医療で使われているフッ化物は日本の薬事法で濃度が管理されていて、歯磨き粉のチューブ1本以上を一気に丸呑みでもしない限り中毒症状は起きません。日本で流通しているものは安全に使えるように調整されています。

 

フッ化物の作用

1、再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

2、歯質の強化

歯の表面を酸にとけにくい性質に強化します。歯は唾液のphの変化によって歯の表面は脱灰と再石灰化を繰り返しています。フッ化物を取り込むと歯の表面はより強いものに変わります。

3、酸の産生を抑制

歯磨きで落としきれなかった歯垢が作るむ虫歯の原因菌の働きを弱め、歯垢が作る酸の量を抑えます。

フッ化物の利用方法

1、歯磨き粉での利用

フッ化物の濃度を確認しましょう。1000〜1500ppmの高濃度のフッ化物配合歯磨き粉が効果的と言われています。高濃度のものには容器に表示されていますので確認してから買うようにしましょう。

(高濃度のものは6歳以上の方に使用してください。6歳以下のお子さんには子供用に濃度の調整されたものを使いましょう。)

歯磨きの後、うがいをされる方も多いと思いますが、うがいで洗い流してしまうとフッ化物の効果がなくなってしまいます。うがいはできるだけしない方がいいでしょう。

2、フッ素ジェルでの利用

歯磨き粉の泡立ちや刺激が苦手でどうしてもうがいがしたい方はジェルタイプのものを使いましょう。ジェルタイプのものは刺激も少なく、泡立ちも抑えられています。歯磨き粉でのブラッシングの後に、ジェルでもう一度ブラッシングをして、30分程度浸けておくと効果的です。

3、うがい薬での利用

歯磨き粉やジェルが苦手な方や虫歯にかかりやすい方にはうがい薬を使いましょう。一定濃度のフッ化ナトリウム溶液(5-10ml)で、1分間ブクブクうがいを行う方法です。保育園・幼稚園・小中学校で集団実施している施設もありますが、個人的に家庭で行う方法もあります。

 

フッ化物の利用方法は虫歯のかかりやすさに応じて複数の方法を組み合わせるとより効果が出ると言われています。かかりつけの歯医者さんでご自身にあったものを相談してみましょう。