虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

一生自分の歯で美味しいものを食べていくために

こんにちは。箕面市小野原の江口歯科医院の江口壯壽です。

 

一生自分の歯で食べたい、入れ歯の世話にはなりたくないと多くの人がほとんどだと思います。8020運動というのをご存知でしょうか?8020運動とは、80歳で20本以上の歯を残して健康的な生活を維持してもらおうという活動です。近年の高齢化社会の中で「噛める」「食事ができる」ご年配の方は「噛めない」方よりも病気が少なく、医療費も少なく、健康で質の高い生活を送られていることが分かってきました。今回は一生自分の歯で食事をしていくために今からやるべきことについてです。

どうして歯がなくなるのか?

歯がなくなるのは年をとったら仕方のないことではありません。歯がなくなるのは歯周病と虫歯が大きな原因です。

むし歯も歯周病も初期は無症状であることが多いので問題を自覚(歯に穴があいた、歯がグラグラしてきた、痛みが我慢できない)からの来院だとかなり進行した状態であることが多くなります。健康な歯が虫歯によって穴があくまで(治療が必要になるまで)7年程度かかったという報告があります。虫歯の進行のスピードには個人差がありますが、虫歯という病気は進行の遅い病気であると言えます。歯周病も同じく進行の遅い病気です。

 

歯科治療は進歩したが、、、

近年歯科治療はセラミックやレジンといった白くて目立たない材料が使われたり、色々な分野で大きく進歩しました。しかし、歯には再生能力はありません。虫歯で失った部分を代わりの材料(詰め物や被せ物)で修復して補っているだけです。歯を削って詰める修復治療は、壊れた歯を治してものが噛めるようになりますが、むし歯にならなくなるわけではありません。再発や再治療を繰り返したり、病気があまりに進行した歯は抜歯の危険性が高くなります。起きてしまった病気に対する治療だけをしていても、歯は無くなってしまいます。

 

虫歯や歯周病の原因に対するアプローチ

むし歯も歯周病も細菌が関与する病気です。どちらも環境によって起きる病気で実は進行は遅い病気です。歯とお口の健康を守るためには、病気の原因である細菌のかたまり(プラーク)をとり除く必要があります。実際にプラークのよくたまりやすい場所である歯と歯の間や歯ぐきの隙間の細菌は家庭でのブラッシングだけでは取り除くことは難しく、また病気はそういったところから始まります。

病気を起こさないようにするには、歯医者さんで専門的な器具を使って家庭のブラッシングでは取り除けない隙間をクリーニングする必要があるのです。
生涯を健康なお口で過ごしていくためには、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の『セルフケア』と、歯医者さんで定期的にメンテナンスを受ける『プロフェッショナルケア』が大切です。

セルフケア

毎日歯をみがいていても歯ぐきから血が出たり、むし歯になってしまったことはありませんか?自分ではきちんとブラッシングしているつもりでも、磨き残しができてしまうものです。歯医者さんで正しいブラッシング方法を教えてもらったり、お口にあった歯ブラシや補助器具、歯磨き剤などについて教えてもらいましょう。

プロフェッショナルケア

セルフケアでは落とせない隙間の汚れを専用の器具で落としたり、高濃度のフッ素を歯に塗布したり、普段のセルフケアの指導や生活習慣のチェックを行います。
歯ぐきの溝などの細かな隙間には12〜16週でもとのように細菌が増殖した状態に戻ると言われています。プロフェッショナルケアは歯周病やむし歯の再発を予防するためには欠かせません。