虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

トピック


歯周病は歯ぐきだけの病気ではない!?ー歯周病と動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞について

歯周病は全身に影響を与えることもある

前回は歯周病と糖尿病の関係についてお話しをしました。近年、歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響についての研究が進められています。
今回は歯周病と動脈硬化と心筋梗塞、脳梗塞との関わりについてお話しします。

動脈硬化とは、動脈硬化によって起こるリスクとは?

動脈硬化症とは、文字どおり「動脈がかたくなる」こと。動脈がかたくなると血管の内側がもろくなったり、血管の中がせまくなったり、詰まったり、細い血管を詰まらせたりします。 ちょうど古い水道管が汚れて詰まったり、さびてはがれるのと同じ状態です。

心臓や脳の細い血管が詰まってしまうと血管の先の心筋細胞や脳細胞が死んでしまうことがあります。これを心筋梗塞、脳梗塞と言います。心筋梗塞や脳梗塞になってしまうと、命に関わったり(日本人の死因の第2位)非常に重い障害が残る大変な病気です。

歯周病が原因で動脈硬化が起こりやすくなる!?

血液中の炎症性物質が多くなると動脈硬化が起こりやすくなることがわかっています。歯周病にかかっているヒトは軽い炎症状態にありますので炎症性物質が多くなり動脈硬化が起こりやすくなることが考えられています。

動物を使った研究では、歯周病菌を飲み込むと腸内細菌の構成が変わって腸の壁が弱くなって全身に最近の影響が及ぶことが分かりました。実際に人間の体の中でどのように関わっているかまでははっきりしていませんが、歯周病と動脈硬化には関連性があると言われています。

歯医者さんが全身の健康にできること

歯ぐきの炎症が全身に多くの影響を与えることは明らかになってきています。お口は人間の体内への入り口なので、お口の環境を改善する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります

歯医者さんは口腔内の変化をみる事のできるプロです。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。定期的に歯科医を受診し、生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてください。

歯周病と糖尿病の関係について

歯周病は全身疾患と関係がある

これまで歯周病は、お口の中だけの病気と考えられてきました。しかしながら、近年、歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響についての研究が進められています。
今回は歯周病と糖尿病の関わりについてお話しします。

糖尿病とは

糖尿病とはインスリンの作用が低下して血液中のブドウ糖が多くなった状態(血糖値が高い)が続く病気です。糖尿病にかかると血液の流れが悪くなったり、免疫力が低下します。放っておくといろいろな合併症がおこります。

糖尿病の人は歯周病にかかりやすい

糖尿病によって免疫力が下がっている体は、歯周病菌に抵抗する力も弱くなっています。抵抗力が弱っているということは、①かかりやすなる。②治りにくくなる。③重症化しやすくなる。④再発しやすくなるので注意が必要です。

歯周病は糖尿病が引き起こす炎症の一つ

血糖値の高い状態が続くと、からだの中のタンパク質が糖とくっつきます。それを白血球が敵と間違えて攻撃してしまうので、歯周病も含めて全身に炎症が起きやすくなります。

歯周病が糖尿病を引き起こしているかも?

一方で、歯周病になると歯周病の病巣に免疫細胞が集まります。免疫細胞が歯周病を攻撃すると、TNF-αなどの炎症性物質を出します。TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。

歯医者さんが全身の健康にできること

歯ぐきの炎症が全身に多くの影響を与えることは明らかになってきています。歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があって不思議ではありません。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります

歯医者さんは口腔内の変化をみる事のできるプロです。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。定期的に歯科医を受診し、生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてください。

赤ちゃんのうちから始めよう!  お子さんの虫歯予防の方法

むし歯菌が感染しやすい時期

むし歯菌(ミュータンス菌)は奥歯が生える1歳半頃になると、周りの大人のだ液を通してミュータンス菌が赤ちゃんに感染ることが分かっています。1歳半から乳歯列の完成する2歳7ヶ月頃までが特に感染しやすいためその間特に注意が必要です。

 

食べ物の口うつしはやめましょう

前回のブログにも書いていますが、むし歯菌は特にお母さんからの感染が圧倒的に多くなります。赤ちゃんのお口の中はまだ細菌が少なく簡単に定着しやすいので注意が必要です。ミュータンス菌は空気感染しないので、食べ物を冷ますためにフーフーしても大丈夫です。

だらだら食べはやめましょう

お口の中では、歯からカルシウムが溶け出す「脱灰(だっかい)」と、再びカルシウムが歯に戻る「再石灰化」が繰り返されています。再石灰化には時間が必要となりますが、だらだら食べをしているとそのタイミングが失われ、歯は溶け続けて虫歯ができてしまうのです。

 

おやつやジュースなどをいつまでも口にするダラダラ食べをしていると、虫歯になりやすいので気をつけてください。おいしいものを口にしていると赤ちゃんがご機嫌でいるため、ついつい頻繁に与えてしまいがちですが、おやつは決めた回数や時間以外にはできるだけあげないようにしましょう。

必ず仕上げ磨きをしましょう

お子さん自身にブラッシングの習慣をつけてあげるのはとても大切なことです。しかし、お子さんはまだ自分自身でお口の中をきれいに磨くことはできません。そのため、親御さんによる仕上げ磨きが大切です。お子さんが機嫌よく歯磨きができるように、たくさん褒めたり、味のついた歯磨き粉(少量で)などを使うのがオススメです。

じつは妊娠中からできるお子さんの虫歯予防の方法

むし歯菌はどこから感染するのか?

むし歯菌(ミュータンス菌)は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在していません。ところが奥歯が生える1歳半頃になると、周りの大人のだ液を通してミュータンス菌が赤ちゃんに感染ることが分かっています。

お母さんからのミュータンス菌の感染が圧倒的に多い

グラフで説明すると、色の濃い群(母親のミュータンス菌数が多い)ほど子供への感染率が高くなります。妊娠中や産後のお母さんのむし歯予防をすることでお子さんへのむし歯の感染を少なくすることができます。

妊娠中のお口のケアについて

妊娠すると食生活が不規則になってお口の環境が悪化しがちなうえに、つわりや体調の変化などでいつも通りブラッシングがしにくくなります。そんなときは無理をせず、できる範囲でお口のケアをして下さい。

歯ブラシは洗面所だけでなく、リビングやキッチンなどの目につく場所に置いておき、できそうな時に磨くのがオススメです。

キシリトールは母子感染の予防に効果がある

妊娠中からキシリトールを摂ることはお子さんの歯を守るのに効果があると言われています。ミュータンス菌数の多いハイリスクの母親に、妊娠6ヶ月〜産後9ヶ月までの13ヶ月の間キシリトールガムを1日4回以上噛んでもらったところ、生後12が月の時点で1/4以下に抑えることができたという報告があります。

妊娠中すると体の変化も大きいですが、心も不安定に陥りやすいものです。妊娠中はその日体調にあわせてできることをしましょう。

 

 

30代の約8割が歯周病に ー歯周病治療に大切なことについて

歯ぐきが腫れたり血が出る、口臭が気になるなどでお悩みの方は歯周病かもしれません。今回はむし歯と並ぶ歯の2大疾患の一つである歯周病のお話しをします。

歯周病ってどんな病気?

歯周病は歯と歯ぐきのすき間に溜まったプラークによって歯ぐきが腫れたり出血する歯肉炎と、炎症が進み歯を支える骨が破壊される歯周炎に分けられます。

歯周病は30〜60代の人に多く、30代の約8割に歯周病の所見が見られます。年齢が上がるにつれて歯周病の進行した人が増えていき、歯が抜けてしまう70代までその傾向が続いていきます。

しかし歯周病は、初期の段階では自覚症状があまりなく、自分でチェックするのも難しいので、自分が歯周病であると気づかない人も多くいます。知らず知らずのうちに進行していくところが、歯周病のこわいところなのです。

歯周病の原因はプラーク

歯周病はプラークという歯にくっつく細菌の塊によって引き起こされます。歯と歯ぐきのすき間にプラークが溜まるとそのすき間の溝が深くなって、歯周ポケットができます。そのポケットにプラークが溜まるとさらに奥深くに炎症が広がり、歯を支える骨(歯槽骨)が吸収されていきます。やがて症状の進行とともに歯のぐらつきが起こり、最終的に歯が抜けてしまいます。

歯周病にはセルフケアとプロケアが欠かせない

歯周病の治療は歯についたプラークや歯石を取り除くことですが、プラークや歯石は歯ぐきの上だけでなく歯ぐきの溝の奥深くにも存在します。

家庭でのブラッシングだけでは、歯ぐきの上のプラークを落とすことはできても歯ぐきの下の歯石は取り除くことはできません。実際には歯医者さんでスケーラーという器具を使って歯についたプラークや歯石を丁寧に取り除いていきます。

しかし、歯医者さんで歯石を取ってもらったからといってそれだけで歯周病が治ることはありません。普段のブラッシングができていないとプラークがまた歯ぐきの下に入り込んで、炎症が治まらなかったり、再発したりします。

患者さんのセルフケアと歯医者さんでのプロケア。この2つが歯周病の治療には欠かせません。治療が終わった後もきちんとブラッシングをしていきましょう。

定期的なメンテナンスで歯周病の再発を防ぎましょう

ひと通りプラークや歯石の除去が終わったら、しばらく様子をみて再検査をします。炎症が治っていたら、ひとまずは「治癒した」といえます。

その後は2〜3ヶ月ごとにメンテナンスを行って、歯周病が再発していないかをチェックしていきます。また部分的に治りきらなかったところもメンテナンスを続けていくことで進行を抑えることができます。

歯ぐきが腫れる、血がでる原因ー歯肉炎を治す方法

時々歯ぐきが腫れる、歯ブラシの時に血が出る、口臭が気になる、そのような方は歯周病かもしれません。今回は歯周病の初期の歯肉炎についてお話をしようと思います。

歯肉炎ってどんな病気?歯肉炎の原因について

歯肉炎とは歯ぐきが腫れてしまう病気です。歯肉炎になると歯ぐきが赤くなったり、ブラッシング時に簡単に血が出たりします。歯肉炎を放っておくと歯周病に進行してしまいます。歯周病が進行すると歯ぐきだけでなくはを支える骨が溶かされて、最終的に歯を失うことになります。

歯肉炎の原因は歯と歯ぐきのすき間にたまるプラーク(汚れ)です。

プラークって何?プラークを放っておくと何が起きるの?

プラークとは歯の表面に付いている歯垢のことです。プラークを顕微鏡で拡大してみると中にはたくさんの細菌がいることが分かります。プラーク1mgあたりにはなんと10億個もの細菌がいると言われています。プラークはぬるぬるしていて歯に引っ付く性質があり、うがいなどでは取ることはできません。

プラークをほっておくと何が起こるでしょう?プラークの中の細菌によって歯ぐきが破壊されて歯と歯ぐきのすき間が深くなります(歯周ポケット)。歯周ポケットが深くなるとポケットの中にプラークがたまりさらにポケットが深くなっていきます。

歯ぐきの腫れを抑えるには?

ブラッシングをするとプラークの付着を防ぐことができます。プラークの中の細菌が腫れの原因となりますので、プラークの量を減らせば腫れも治っていきます。

お家でできるセルフケアでは歯周ポケットより上のプラークを落とすことはできますがポケットの中のプラークを落とすことはできません。ブラッシングをしても改善されない方は歯肉炎から歯周病に進行しているかもしれません。

歯ぐきが晴れたり血が出る方はお家での歯ブラシの磨き方などに問題があるかもしれません。歯医者さんで歯ブラシの選び方や使い方など相談されてみてはいかがでしょうか?

できるだけ削らない治療 ー虫歯治療をはじめる前に知っておきたいことー

修復治療をするほど歯の寿命は落ちる

虫歯のできたら虫歯を削って詰めたり被せ物(=修復治療)をすれば治ると思っている方がほとんどかもしれません。しかし修復治療は義手や義足、メガネなどの失われたものを補う治療で、病気の進行を止める治療ではありません。安易に修復治療を繰り返すことでその歯は何度も大きく削られていきます。歯には再生能力はありません。1本の歯におおよそ5、6回程度しか修復治療はできないのが現状です。

虫歯の進行止めないでを修復治療だけを行っていたら、虫歯はその修復物の周辺でじわじわと進行して数年後に再治療の時がやってきます。ではどうすれば虫歯の進行を抑えることができるのでしょうか?今回はそんなお話をしようと思います。

その虫歯はいつから出来ているのか?

歯医者さんには、歯に穴が空いたり痛くなってからはじめて来られる方が多くおられます。しかしその虫歯は、実は数年前からじわじわと進行してきたものなのです。できるだけ早い段階で気づくことができれば、修復治療をしないで進行を抑えることができます。

虫歯の進行抑えるには原因を改善することが大切

虫歯の進行には細菌や食事、唾液やフッ化物の使用の有無などの色々な因子が関係しています。この因子の中で悪い因子を抑えて、良い因子を強化することで虫歯が進行しやすい環境が改善されていき、進行を抑えることができます。

虫歯の原因療法 ープラークー

プラークとは食べかすではなく細菌の塊です。歯についたプラークを落とすには歯磨きは欠かせません。歯ブラシだけでなく、虫歯の起きやすい場所(歯と歯の間など)にはデンタルフロスや歯間ブラシを使うことと、フッ化物の配合された歯磨き粉を使うことが大切です。

虫歯の原因療法 ー食生活習慣ー

頻繁な甘いものの摂取は控えましょう。おやつだけでなく、アメやソフトドリンク、スポーツドリンクなど習慣的に甘いもの摂っているようであれば注意が必要です。夜の飲食は控えるようにしましょう。

虫歯の原因療法 ー唾液ー

唾液が不足するとお口の中は酸性に傾いて虫歯の起きやすい環境になります。唾液がたくさん出ているとお口が酸性になる時間を短くすることができます。シュガーレスガムなどをよく噛んで唾液の分泌を促してあげるとよいでしょう。

虫歯の原因療法 ーフッ化物ー

フッ化物配合の歯磨き粉を使いましょう。ブラッシング後のうがいはせずに唾液を捨てるだけにすると効果的です。

歯医者さんで定期的なチェックを受けましょう

虫歯は実は非常に進行の遅い病気です。初期の虫歯は非常に小さくて歯医者さんでも発見がむずかしいことが多いです。歯医者さんで定期的にブラッシングの状態や生活習慣のチェック受けて進行しにくいお口の環境をキープすることが大切です。

「どんな歯磨き粉がいいですか?」歯医者さんが教える歯磨き粉の選び方


普段みなさんがお使いの歯磨き粉。色々な効果がうたわれていますが、どれがいいのか?本当に効果があるのはどれかご存知ですか?今回は歯磨き粉について書いてみようと思います。

必ず確認してほしい!歯磨き粉のフッ化物の濃度

市場に出回っている歯磨き粉。歯の黄ばみをとる!歯ぐきの腫れを抑える!など色々な効果がうたわれていますが実は科学的に効果の立証されている成分は1つです。それはフッ化物によるむし歯予防効果です。必ずフッ化物配合の歯磨き粉を選びましょう。

フッ化物の濃度も確認しましょう。これまで日本では歯磨き粉のフッ化物配合量は1000ppm以下に定められていました、、、(海外では1000〜1500ppmです)

先日、国内でも1000〜1500ppmの高濃度のフッ化物配合歯磨き粉が解禁されました。高濃度のものには容器に表示されていますので確認してから買うようにしましょう。

(高濃度のものは6歳以上の方に使用してください。)

お子さんにも大丈夫?お子さんの歯磨き粉の選び方と使い方

よくお母さんから「子供に使っても大丈夫ですか?」との質問があります。乳幼児の間は虫歯の予防に大切な時期です。乳幼児期の高濃度のフッ化物の摂取によって歯のフッ素症(歯の変色)のリスクがありますが、実は歯のフッ素症がフッ化物配合歯磨き粉を使ってできるのかは科学的な調査によるとあまり関係がないようです。

お子さんへの歯磨き粉の使い方

6歳未満のお子さんには1000ppm以下の子供向けのものを使うこと。

その子の小指の爪くらいの量を使うこと。

味がついていたり、泡立ちの少ない子供の慣れやすいものを使うこと。

上手に歯磨き粉を使ってお子さんの虫歯予防をしましょう。

 

歯医者さんがオススメしない歯磨き粉

中には問題を引き起こしてしまう物も、、、

顆粒が入った歯磨き粉はあまりオススメしません。顆粒が歯周ポケットやインプラントと歯ぐきのすき間に入って歯ぐきが腫れてしまうことがあります。また美白効果を歌ったものにも注意が必要です。研磨剤が入っているものは歯の表面を傷つけてしまい、かえってって着色の原因になることがあります。歯磨き粉の成分を確認したり、よく分からなければ歯医者さんで売っているものを使用することをおすすめします。

歯医者さんで売ってる歯磨き粉と市販の歯磨き粉の違い

歯医者さんで売っている歯磨き粉は市販されているものより泡立ちが抑えられています。歯磨き粉の後によくうがいをする方がほとんどかと思いますが、実は歯磨き粉で歯磨きをした後はうがいはしない方が効果的です。(うがいによってフッ化物は流れてしますからです。)

電動歯ブラシについて

今回はよく診療室で質問をのある電動歯ブラシについてお話していきます。

電動ブラシは普通の歯ブラシよりいいの?

当院では特に電動歯ブラシをオススメすることはありません。電動歯ブラシの研究では、きちんと磨ける人が使えばプラークの除去効果にほとんど差はないからです。
実際に診療室でも電動歯ブラシを使われている人の歯ぐきは普通の歯ブラシを使われている人よりも歯ぐきがより引き締まっていることが多いですが、除去効果に差があるようには感じません。

電動ブラシの経済性

電動歯ブラシの利点はブラッシング時間を短縮できることです。

歯ぐきを傷めない程度の性能を持ったものは高価なものが(¥10,000〜)多く、交換用ヘッドも割高です。歯ブラシの毛先は1ヶ月程度で交換する必要があるので普通の歯ブラシを使われていた方が経済的だと思われます。

電動歯ブラシが効果的なヒトは?

電動歯ブラシは元々は体の不自由な方のために開発されてきました。リウマチなどで手の不自由な方や介護の必要な方にはとても便利なツールだと思います。

それぞれに合ったものを使いましょう。

電動歯ブラシ1本でお口のすみずみまで磨けるということはありません。お箸やフォーク、ナイフ、スプーンのようにそれぞれの部位に合ったもの(歯の間にはフロスや歯間ブラシ、狭いところにはワンタフトブラシなど)使い分けることが大切です。

歯間ブラシの使い方

あけましておめでとうございます。前回、デンタルフロスの使い方について紹介させていただきました。今回は歯間ブラシについて紹介させていただきます。歯と歯の隙間が大きい方やブリッジなどのほてつ物を装着されている方にはフロスよりも効果的な清掃用具です。

歯間ブラシの選び方

歯の間に無理なく挿入でき、きつく感じない程度のサイズを選びましょう。隙間の広さが大きく異なるときは数種類の歯間ブラシが必要です。歯医者さんでサイズを選んでもらうのをおすすめします。

先端がゴムのものは隙間に入れやすく歯茎を痛めることも少ないですがあまり汚れは取れません。ブラシのものに慣れるようにしましょう。慣れないうちは1サイズ細いもので、使い方に慣れてからサイズを合わせてもいいでしょう。

歯間ブラシの使い方

①歯肉を傷つけないように、ゆっくりと斜めに挿入します。

②歯間ブラシを水平にして、歯面に沿わせて前後に2~3回動かして清掃します。あまり口を大きく開けないで爪楊枝のように使うのがコツです。内側からと外側からの両方から使うと効果的です。

③歯間ブラシを隣りあった前後の歯に沿わせて軽く当て清掃します。

使った後は水ですすぎ、風通しの良い所で保管しましょう。

歯間ブラシの毛が乱れたり、傷んできたら早めに取り替えましょう。