虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

歯医者さんの清潔な環境/当院の院内感染対策について 消毒室編

最近の新型コロナウィルスの蔓延や歯科医院での血液や唾液がさまざまな機械器具を通して感染症を引き起こす可能性があることがメディアで取り上げられています。当院では設計段階から「安全管理」「院内感染予防」を重視し、患者さんはもちろんスタッフにも安心して勤務できる環境づくりに力を入れています。本日は当院の感染対策についてのお話です。

ゾーニング/清潔域、不潔域の管理

患者さんが安心して治療を受けられる最も重要な条件のひとつが、徹底した衛生管理です。歯科医院では毎回の治療の際に治療器具や診療室が血液や唾液で汚染されます。衛生管理でまずはじめに大切になるのがゾーニングです。当院では設計段階から汚染された不潔域と清潔域を分けて、汚染域を広げないようにしています。

消毒室は写真のシンクより手前側が不潔域、奥側が清潔域になっています。治療器具の消毒や滅菌の過程が常に一方通行になるように設計することで清潔域と不潔域を管理しやすいようにデザインされています。

治療で使用された器具は不潔域に運ばれます。不潔域ではまず血液や唾液で汚染されたゴミは感染ゴミとして、汚染のされていないゴミは一般ゴミとして分別されます。治療に使われた器具はそれぞれの工程に合わせて分配されます。

ウォッシャーディスインスフェクターによる洗浄、除菌

耐熱性のある器具はウォッシャーディスインスフェクターで洗浄、除菌されます。当院では自動洗浄器『ミーレ ジェットウォッシャー』を使用しています。自動洗浄器を使うことでウィルスなどに対して安定した高い除菌効果が得られ、洗浄に従事するスタッフが手指を傷つける危険を少なくしなり、患者さんやスタッフ間での感染リスクを大きく軽減しています。

滅菌工程

洗浄された器具は個別に包装されて滅菌器にかけられます。包装することで滅菌後も清潔な状態がキープされます。

当院では日本の歯科(クラスN)水準よりも遥かに厳しい歯科用小型高圧蒸気滅菌器の基準を設定しているヨーロッパの基準であるクラスB(EN13060)を達成した機器『Lisa』による滅菌を行っています。ヨーロッパや中国の歯科医院ではクラスBの滅菌器の使用が義務付けられています。

ハンドピース(歯を削る機械)の滅菌にはハンドピース専用の滅菌器、DACユニバーサルを使用しています。DACユニバーサルは一般的な滅菌器では不可能な機械内部の隅々まで洗浄し、厳密な完全滅菌することができます。