虫歯と歯周病の予防を考える歯医者、箕面市の歯医者。江口歯科医院

ご予約からご相談まで、
お気軽にお問い合わせください。

平日 9:00-12:30 / 14:30-19:00
9:00-12:30 / 14:30-18:00
9:00-12:30 木曜休診

ブログ

大事な唾液のはたらきについて

唾液には、お口の中の食べかすや細菌を洗い流す働きがあることはご存じの方も多いでしょう。そのほかにも、お口や歯をはじめ、私たちのからだ全体を守っています。今回は健康を守るのに大切な唾液について紹介します。

 

唾液とは?

唾液は、三大唾液腺と呼ばれる「耳下腺(じかせん)」「顎下腺(がっかせん)」「舌下線(ぜっかせん)」という組織でつくられています。唾液は一般に1日に1~1,5リットルも分泌されます。唾液の成分はほとんどが水分(99,5%)で、消化酵素のほかにナトリウムイオンやカルシウムイオン、重炭酸イオンなどが含まれています。

唾液のはたらき

唾液には、以下のような働きがあります。

1. 消化作用

 唾液には、食べ物の中のデンプンを分解する酵素があります。食べ物が唾液と混ざると、その酵素が働いてデンプンを分解し、胃で消化しやすい状態にします。

2. 潤滑作用

口の中の粘膜が傷つかないように保護する働きがあります。食べたりしゃべったりするのをスムーズにする作用があります。

 3. 洗浄作用

唾液は食べかすを洗い流して口の中を清潔にします。

4. 抗菌作用

唾液には侵入してきた細菌やウィルスを殺したり、増殖を抑制する働きがあります。

5. 緩衝作用

口の中が酸性に傾くと、エナメル質の表面からミネラルが溶け出してむし歯になりますが、お口の中の酸性度(pH値)をもとに戻すことで、むし歯を防ぐ働きをします。

唾液の減少による影響

唾液の量が減るとお口の乾燥やネバつき、話しづらさ、乾いた食べ物の噛みづらさなどを感じるようになります。唾液の量が減ると、お口の洗浄作用が少なくなり、いつまでも食べ物がお口の中に溜まってしまいます。pH値がなかなか戻らなくなって「エナメル質の脱灰」が進みます。さらに、唾液に含まれる抗菌物質などの減少によってお口の中が虫歯や歯周病だけでなく、細菌やウィルスに弱い環境になってしまいます。

虫歯はないのに歯が痛い!ー歯ぎしり、食いしばりについて

最近、歯ぎしりや食いしばりなどで顎や歯の痛みなどの症状に悩まされている方が多くなっているような気がします。歯ぎしりや食いしばりについてお話したいと思います。

歯ぎしり、食いしばりの種類

歯ぎしりというと、ギシギシとかキリキリといった音を立てるもの、とだけ思っていませんか。実は歯ぎしりには、次のような種類があります。

グラインディング

上下の歯をこすり合わせる、一般的な歯ぎしりのことです。
寝ているときに下顎を左右に繰り返し動かすため、「ギリギリ」という嫌な音が出ます。

クレンチング

俗に言われる食いしばりのことで、上下の歯を強く噛みしめる癖のことです。
音が出ないのが特徴です。

タッピング

上下の歯を続けてぶつけるタイプの歯ぎしりです。
下の顎をすばやく動かして上下の歯を噛み合わせるため、「カチカチ」といった音が出ます。

歯ぎしり、食いしばりの影響

1 歯のすり減り、破損

寝ている間(無意識下)の歯ぎしりは、食事などでおこなう咀嚼時とは違い、本人の体重、またはそれ以上の力が加わるといわれています。歯と歯が大きな力で擦り合うため、歯のの凹凸が徐々に失われだけでなく酷い場合は歯が欠けたり、割れてしまうこともあります。

2 歯周病の進行を早める

歯ぎしりによって強い力がかかるのは、歯だけではありません。歯を支える歯茎や骨にも悪影響を及ぼします。
歯周病のコントロールなされていない場合、強い力がかかることで歯が揺さぶられ、それを支える骨が徐々に溶かされ始めます。歯ぎしりなどの強い力が加わると、歯周病の進行が早くなってしてしまいます。

3 知覚過敏になる

歯が磨耗して内部の象牙質が露出したり、表面のエナメル質に目に見えないような小さな亀裂が入ると歯の内部に刺激が伝わって知覚過敏を起こしたりします。

4顎関節や周りの筋肉への負担

歯ぎしりによる負担は、歯だけでなく顎を支える関節にも大きな負担をかけたり筋肉が過緊張を起こしたりします。耳の手前あたりや顎、側頭部や首、肩などのハリやだるさ、痛みの原因にもなります。

 

歯ぎしり、食いしばりはストレスや日常の生活習慣(クセ)などが関わっていると考えられています。「歯ぎしりくらい大丈夫」と考えていると、気づかないうちに大切な歯や顎に大きなダメージを負ってしまうかもしれません。歯ぎしりの症状に心当たりのある方は、一度歯医者さんで相談してみてはいかがでしょうか。

歯の痛む場所を錯覚する? ー関連痛のはなし

先日、来院された患者さん。右下の一番奥の歯がズキズキするということでエックス線、歯周検査などをしたものの、右下には虫歯などの病気は見当たりません。右上には神経に近そうな大きな詰め物が詰めてありました。

「お痛みの原因は右上かもしれませんね、、、」と説明しようとすると、

「いや、そこは痛くないから右下の治療をしてください。」おっしゃられました。

「ーさん。特にお痛みが強いときは痛みの原因となる歯を錯覚することがあります。右下には問題がありそうには見えないので、原因は右上の歯かもしれません。一度右上に麻酔を打ってみて、痛みが引くようならそこが原因だと分かりますので麻酔で確認してみましょう。」

麻酔を打った後、

「どうですか?お痛みは引きましたか?」

「はい。楽になりました。先生、こんなこともあるんですね。」

 

歯の痛みの錯覚

歯の痛みを脳に伝達するのは三叉神経と呼ばれる脳神経で、脳から3本に大きく枝分かれして顔面の感覚を支配しています。
歯の痛みを伝達する際に痛みの場所を錯覚することが時々ありますが、これを関連痛といいます。三叉神経の末端から伝達される痛みの情報が脳に近づくにつれて1本の神経になるため、どこの末端から情報が伝達されているのか分からなくなることがあります。

関連痛は奥歯で起こりやすく、隣の歯や上下の歯を間違えたりすることがあります。しかし三叉神経は左右1対になっており顔面部の感覚は左右別々に支配されているので、左右で痛みを錯覚することはありません
また歯痛錯誤は、歯周疾患や根尖病変よりも知覚過敏や大きな虫歯による痛み(歯髄炎)で起きやすいと言われています。

 

治療を中断するとどうなるの? ー治療中断のリスクについて

歯が痛くなって歯医者に通い始めたけど予約がなかなか都合が合わず、ついつい痛みがなくなった後中断したことのある人いませんか?

今回は、治療の中断で起きてしまうトラブルについてお話します。

 

応急処置をして痛みが治まったとき

強い痛みを訴えて来院された患者さんに対して、まず痛みを取り除く治療を行っていきます。炎症が治まると強い痛みは取れますが、応急処置はあくまでも応急処置。最後まで治療をしておかないとまた病気が進行してしまいます。

根の治療(神経の治療)の途中のとき

根の治療や神経の治療を行っている場合は、特に注意が必要です。

根や神経の治療は歯の中を繰り抜くような治療ですが、歯の内部は抵抗性が弱いので、放置していまうと内部の汚染が進行してしまいます。根や神経に治療が必要な歯は非常に状態が悪い歯であることが多く、歯の寿命を一気に縮めるので、抜歯になってしまうこともあります

 

仮歯が入ったとき

仮歯が入ると、見た目も回復されてお食事を行うこともできますが、仮歯はあくまでも一時的なものです。仮歯はプラスチックできており強度も弱く劣化も早いのです。そのままの状態にしておくと、残っている自分の歯が今以上に悪くなってしまうことがあります。

歯科の治療は悪くなってしまった歯をできるだけ長持ちするように、どうしても回数がかかったりすることがあります。
治療中にご不安に思ったことは遠慮なくスタッフや歯科医師にお尋ねください。
そして、治療はしっかりと最後まで終わらせて歯の健康を守っていきましょう!

歯がしみる! 知覚過敏の原因と対策について

冷たいものを飲んだ時、キーン!としみたりした経験はありませんか?もしかしてこれが知覚過敏かも?それとも虫歯?と悩んでいるなら、まず知覚過敏の症状やメカニズムについて知ることから始めてみましょう。

 

知覚過敏の症状について 虫歯との違い

 

知覚過敏の症状としてよく知られているのは「冷たいものにしみること」ですが、虫歯の場合は無症状なことが多く、大きく進行するにつれてと冷たいもの、甘いもの、熱いものにしみるようになります。

虫歯とは違う症状の一つに、「知覚過敏の痛みはすぐにおさまる」というものがあります。虫歯の場合はしみてからしばらく痛みが続くことが多いのです。

(痛みの感じやすさは個人個人で違いがあります。あくまでもこういった傾向が多いという話なので気になる場合は歯医者さんで診てもらいましょう。)

 

歯がしみる・痛くなるメカニズム

 

知覚過敏で歯がしみるのは、どうしてでしょうか?そのメカニズムを解説していきます。

かんたんに説明すると、歯には殻にあたるエナメル質・内部の本体である象牙質・さらにそのなかに歯髄神経という構造になっています。エナメル質はしみることはないのですが、歯にヒビが入ったり、歯茎の下の根っこ(象牙質)が露出したりすると外からの刺激に反応するようになります。
すると冷たいものや歯ブラシなどの外的刺激を受けることで、象牙質を通して歯髄神経に伝わりしみるようになると言われています。

 

知覚過敏の原因は?

 

「象牙質が露出することで歯がしみる」ということはわかりましたが、どのような原因で象牙質が露出してしまうのでしょう。原因を知ることで、症状を軽くすることができます。

毎日の歯磨きによるもの

「歯は硬いもの」という印象がありますが、毎日何度も行う歯磨きでも、歯茎を下げて象牙質が露出することがあります。

硬い歯ブラシで力を入れてのゴシゴシ磨きをしていませんか?1日で急に削られることはありませんが、毎日繰り返すことで次第に歯茎が下がっていきます。また、次第にエナメル質も削れて象牙質が露出しやすくなります。

歯ぎしりや噛み合わせ

眠っている間にしてしまう歯ぎしり。ことのき歯には非常に強い力がかかっており、エナメル質同士が擦れ合うことで互いに削られていきます。歯並びが悪かったり噛み合わせが悪かったりする場合は、一部の歯だけに力がかかり過ぎ、エナメル質を削ってしまいます。

酸性の食品でエナメル質が溶ける

エナメル質は酸に弱いという性質を持っています。そのため酸性の食べ物(柑橘類など)や飲み物を習慣的に摂り続けると、次第にエナメル質は溶けて薄くなっていく「酸蝕歯(さんしょくし)」という歯の病気になることもあります。

知覚過敏の治療法

 

詰める、神経を抜くのはオススメしません!

知覚過敏は進行性の病気ではありません。時々歯の神経をぬいてほしい!」とおっしゃる患者さんもおられますが、神経を抜けばその歯の寿命は短くなりますし、詰めるてもかえって虫歯になりやすくなったり、再治療になりやすくなります。

刺激の遮断が大事

知覚過敏は外からの刺激に反応するので、刺激を遮断するのが大切です。歯医者さんでしみ止めの薬を塗ってもらったり、知覚過敏防止用の歯磨き粉を使うようにしましょう。特に知覚過敏防止用の歯磨き粉で一度で改善しなくてもコツコツと対応しておくことが効果的です。

原因の除去を!

普段のブラッシングの仕方や食生活習慣に心当たりのある方は普段の習慣を見直して診てはいかがでしょうか?知覚過敏は安易に削らなくてもコントロールすることはできる病気です。

 

歯周病は歯ぐきだけの病気ではない!?ー歯周病と動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞について

歯周病は全身に影響を与えることもある

前回は歯周病と糖尿病の関係についてお話しをしました。近年、歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響についての研究が進められています。
今回は歯周病と動脈硬化と心筋梗塞、脳梗塞との関わりについてお話しします。

動脈硬化とは、動脈硬化によって起こるリスクとは?

動脈硬化症とは、文字どおり「動脈がかたくなる」こと。動脈がかたくなると血管の内側がもろくなったり、血管の中がせまくなったり、詰まったり、細い血管を詰まらせたりします。 ちょうど古い水道管が汚れて詰まったり、さびてはがれるのと同じ状態です。

心臓や脳の細い血管が詰まってしまうと血管の先の心筋細胞や脳細胞が死んでしまうことがあります。これを心筋梗塞、脳梗塞と言います。心筋梗塞や脳梗塞になってしまうと、命に関わったり(日本人の死因の第2位)非常に重い障害が残る大変な病気です。

歯周病が原因で動脈硬化が起こりやすくなる!?

血液中の炎症性物質が多くなると動脈硬化が起こりやすくなることがわかっています。歯周病にかかっているヒトは軽い炎症状態にありますので炎症性物質が多くなり動脈硬化が起こりやすくなることが考えられています。

動物を使った研究では、歯周病菌を飲み込むと腸内細菌の構成が変わって腸の壁が弱くなって全身に最近の影響が及ぶことが分かりました。実際に人間の体の中でどのように関わっているかまでははっきりしていませんが、歯周病と動脈硬化には関連性があると言われています。

歯医者さんが全身の健康にできること

歯ぐきの炎症が全身に多くの影響を与えることは明らかになってきています。お口は人間の体内への入り口なので、お口の環境を改善する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります

歯医者さんは口腔内の変化をみる事のできるプロです。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。定期的に歯科医を受診し、生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてください。

歯周病と糖尿病の関係について

歯周病は全身疾患と関係がある

これまで歯周病は、お口の中だけの病気と考えられてきました。しかしながら、近年、歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響についての研究が進められています。
今回は歯周病と糖尿病の関わりについてお話しします。

糖尿病とは

糖尿病とはインスリンの作用が低下して血液中のブドウ糖が多くなった状態(血糖値が高い)が続く病気です。糖尿病にかかると血液の流れが悪くなったり、免疫力が低下します。放っておくといろいろな合併症がおこります。

糖尿病の人は歯周病にかかりやすい

糖尿病によって免疫力が下がっている体は、歯周病菌に抵抗する力も弱くなっています。抵抗力が弱っているということは、①かかりやすなる。②治りにくくなる。③重症化しやすくなる。④再発しやすくなるので注意が必要です。

歯周病は糖尿病が引き起こす炎症の一つ

血糖値の高い状態が続くと、からだの中のタンパク質が糖とくっつきます。それを白血球が敵と間違えて攻撃してしまうので、歯周病も含めて全身に炎症が起きやすくなります。

歯周病が糖尿病を引き起こしているかも?

一方で、歯周病になると歯周病の病巣に免疫細胞が集まります。免疫細胞が歯周病を攻撃すると、TNF-αなどの炎症性物質を出します。TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。

歯医者さんが全身の健康にできること

歯ぐきの炎症が全身に多くの影響を与えることは明らかになってきています。歯周病も糖尿病も生活習慣病ですから互いに深い関係があって不思議ではありません。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながります

歯医者さんは口腔内の変化をみる事のできるプロです。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。定期的に歯科医を受診し、生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてください。

赤ちゃんのうちから始めよう!  お子さんの虫歯予防の方法

むし歯菌が感染しやすい時期

むし歯菌(ミュータンス菌)は奥歯が生える1歳半頃になると、周りの大人のだ液を通してミュータンス菌が赤ちゃんに感染ることが分かっています。1歳半から乳歯列の完成する2歳7ヶ月頃までが特に感染しやすいためその間特に注意が必要です。

 

食べ物の口うつしはやめましょう

前回のブログにも書いていますが、むし歯菌は特にお母さんからの感染が圧倒的に多くなります。赤ちゃんのお口の中はまだ細菌が少なく簡単に定着しやすいので注意が必要です。ミュータンス菌は空気感染しないので、食べ物を冷ますためにフーフーしても大丈夫です。

だらだら食べはやめましょう

お口の中では、歯からカルシウムが溶け出す「脱灰(だっかい)」と、再びカルシウムが歯に戻る「再石灰化」が繰り返されています。再石灰化には時間が必要となりますが、だらだら食べをしているとそのタイミングが失われ、歯は溶け続けて虫歯ができてしまうのです。

 

おやつやジュースなどをいつまでも口にするダラダラ食べをしていると、虫歯になりやすいので気をつけてください。おいしいものを口にしていると赤ちゃんがご機嫌でいるため、ついつい頻繁に与えてしまいがちですが、おやつは決めた回数や時間以外にはできるだけあげないようにしましょう。

必ず仕上げ磨きをしましょう

お子さん自身にブラッシングの習慣をつけてあげるのはとても大切なことです。しかし、お子さんはまだ自分自身でお口の中をきれいに磨くことはできません。そのため、親御さんによる仕上げ磨きが大切です。お子さんが機嫌よく歯磨きができるように、たくさん褒めたり、味のついた歯磨き粉(少量で)などを使うのがオススメです。

じつは妊娠中からできるお子さんの虫歯予防の方法

むし歯菌はどこから感染するのか?

むし歯菌(ミュータンス菌)は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在していません。ところが奥歯が生える1歳半頃になると、周りの大人のだ液を通してミュータンス菌が赤ちゃんに感染ることが分かっています。

お母さんからのミュータンス菌の感染が圧倒的に多い

グラフで説明すると、色の濃い群(母親のミュータンス菌数が多い)ほど子供への感染率が高くなります。妊娠中や産後のお母さんのむし歯予防をすることでお子さんへのむし歯の感染を少なくすることができます。

妊娠中のお口のケアについて

妊娠すると食生活が不規則になってお口の環境が悪化しがちなうえに、つわりや体調の変化などでいつも通りブラッシングがしにくくなります。そんなときは無理をせず、できる範囲でお口のケアをして下さい。

歯ブラシは洗面所だけでなく、リビングやキッチンなどの目につく場所に置いておき、できそうな時に磨くのがオススメです。

キシリトールは母子感染の予防に効果がある

妊娠中からキシリトールを摂ることはお子さんの歯を守るのに効果があると言われています。ミュータンス菌数の多いハイリスクの母親に、妊娠6ヶ月〜産後9ヶ月までの13ヶ月の間キシリトールガムを1日4回以上噛んでもらったところ、生後12が月の時点で1/4以下に抑えることができたという報告があります。

妊娠中すると体の変化も大きいですが、心も不安定に陥りやすいものです。妊娠中はその日体調にあわせてできることをしましょう。

 

 

30代の約8割が歯周病に ー歯周病治療に大切なことについて

歯ぐきが腫れたり血が出る、口臭が気になるなどでお悩みの方は歯周病かもしれません。今回はむし歯と並ぶ歯の2大疾患の一つである歯周病のお話しをします。

歯周病ってどんな病気?

歯周病は歯と歯ぐきのすき間に溜まったプラークによって歯ぐきが腫れたり出血する歯肉炎と、炎症が進み歯を支える骨が破壊される歯周炎に分けられます。

歯周病は30〜60代の人に多く、30代の約8割に歯周病の所見が見られます。年齢が上がるにつれて歯周病の進行した人が増えていき、歯が抜けてしまう70代までその傾向が続いていきます。

しかし歯周病は、初期の段階では自覚症状があまりなく、自分でチェックするのも難しいので、自分が歯周病であると気づかない人も多くいます。知らず知らずのうちに進行していくところが、歯周病のこわいところなのです。

歯周病の原因はプラーク

歯周病はプラークという歯にくっつく細菌の塊によって引き起こされます。歯と歯ぐきのすき間にプラークが溜まるとそのすき間の溝が深くなって、歯周ポケットができます。そのポケットにプラークが溜まるとさらに奥深くに炎症が広がり、歯を支える骨(歯槽骨)が吸収されていきます。やがて症状の進行とともに歯のぐらつきが起こり、最終的に歯が抜けてしまいます。

歯周病にはセルフケアとプロケアが欠かせない

歯周病の治療は歯についたプラークや歯石を取り除くことですが、プラークや歯石は歯ぐきの上だけでなく歯ぐきの溝の奥深くにも存在します。

家庭でのブラッシングだけでは、歯ぐきの上のプラークを落とすことはできても歯ぐきの下の歯石は取り除くことはできません。実際には歯医者さんでスケーラーという器具を使って歯についたプラークや歯石を丁寧に取り除いていきます。

しかし、歯医者さんで歯石を取ってもらったからといってそれだけで歯周病が治ることはありません。普段のブラッシングができていないとプラークがまた歯ぐきの下に入り込んで、炎症が治まらなかったり、再発したりします。

患者さんのセルフケアと歯医者さんでのプロケア。この2つが歯周病の治療には欠かせません。治療が終わった後もきちんとブラッシングをしていきましょう。

定期的なメンテナンスで歯周病の再発を防ぎましょう

ひと通りプラークや歯石の除去が終わったら、しばらく様子をみて再検査をします。炎症が治っていたら、ひとまずは「治癒した」といえます。

その後は2〜3ヶ月ごとにメンテナンスを行って、歯周病が再発していないかをチェックしていきます。また部分的に治りきらなかったところもメンテナンスを続けていくことで進行を抑えることができます。